blogレモン便り

2021年07月08日

業務用レモン(追いレモンにどうぞ)

今年は寒波の後、レモンの出荷ができない期間が長く、寒波の被害を免れたレモン達はその間にぐんぐんと成長していました。先月お送りしたレモンの中には、手のひらサイズの巨大なレモンも混じっていたかと思います。皮が非常に厚いレモンや、でこぼこレモン、小ぶりだけど実がパンパンに詰まったレモン等々、皆さまにもいろんなレモンをお楽しみ頂けたのではないかと思います。

今期の豊島レモン通常品とアウトレット品の出荷が終わった後も、畑にはぽつりぽつりとレモンが残っています。これらは、皮の全体に病害があったりトゲによる傷が大きくてアウトレット品として出荷するのが難しいレモンや、梯子や高枝切バサミを使っても収穫しづらい場所になっているレモン達です。

これらのレモンは、業務用レモンとして業者さまに出荷しますが、今年はウェブショップでのレモン販売があまりできなかったので、いつもウェブショップをご利用くださる方々に向けて販売することにしました。見かけはあまりよくない皮の中にも、香り成分の精油がたっぷりと詰まっているので、是非皮ごと搾って香り高い豊島レモン果汁をお楽しみください。

業務用レモンの販売終了後は、10月末頃までレモン青果の出荷はお休みとなります。寒波の影響から来期の収穫量は大幅に減る予想ですが、その間レモン果汁をご入用の方は、豊島レモン果汁(冷凍・業務用)をどうぞ。今迄は10リットル単位での販売でしたが、今後は1000mlからご注文頂けますので是非ご利用頂ければと思います。

さて、この春から豊島島内のみで販売しておりました豊島レモンアイスクリーム。 発送用の箱と保冷剤の準備が整ったので、ウェブショップでもご注文受付けを開始しました。1箱6個入りになります。 レアチーズケーキのようなクリーミーさとレモンの爽やかな風味、甘さ控えめでさっぱりとした後味が、お子様から年配の方まで多くの方々にご好評頂いております。島内では「むつごくなくてええわー」(味がしつこくなくていいね)という感想をよくいただきます(笑) 。

そのまま食べてもレモンの風味を十分お楽しみいただけますが、櫛切りレモンを皮を下にして少しづつ果汁を搾って食べて頂くと、レモンのフレッシュな香りが立ちあがり、更にレモン感あふれるアイスクリームになります。レモン風味増し増しの「追いレモン」、是非お試しください。

最後に、tilのアイドル、ピーノ君。ぐんぐん大きくなって、現在約20キロ。日中は蒸し暑くてバテ気味です。梅雨が明けると更に暑くなるけど、グリーンレモンが大きくなる頃にはずっと過ごしやすくなるから、レモンと一緒に頑張って夏を乗り切ろうね。

2021年05月20日

豊島レモンアイスクリーム

豊島レモンアイスクリームができました。丹波産の低温殺菌牛乳に、豊島レモン果汁とみくに園さんのマーマレードを混ぜ込み、爽やかでクリーミーなアイスクリームに仕上げました。 レモンのアイスと言えばシャーベットが定番で、ミルク系のレモンアイスはあまり一般的ではありませんが、試食された方々からはレモンの爽やかな風味が好評で、「レアチーズケーキみたい」といった声もありました。

原材料の1つ、みくに園さんのマーマレードは、豊島レモンとお砂糖だけを原料に、レモン果皮のゆでこぼし処理をせず作られています。アイスクリームに加えることで、皮の香りと程よい苦みが味に深みを与え、レモン感あふれる仕上がりとなっています。

今回のアイスクリームは、兵庫県の丹波篠山食品さんに製造を依頼しました。乳化剤・安定剤など食品添加物を一切使わずにアイスクリームを作りたい、という私たちの想いを理解して下さり、何度も試作を重ねて、完成までお付き合いくださりました。また、主原料となるミルクは丹波産の低温殺菌牛乳を使用するなど、レモン以外の素材にもこだわり、後口軽やかなすっきりとしたアイスクリームとなっています。丹波篠山食品さんでは、地元特産品の黒大豆を使ったアイスクリームなど、厳選素材のオリジナル商品も開発していらっしゃいますので、是非HPを覗いてみてください。

これからの暑い季節にぴったりのアイスクリームは、現在豊島島内の豊島マルシェ(家浦港)、おかだやさん(豊島横尾館前)のみでのお取り扱いとなります。準備でき次第、豊島レモンWEBショップでも販売を開始予定ですので、是非お楽しみにして頂ければと思います。

2020年10月13日

秋日和

澄み渡る空に彼岸花が美しい、気持ちの良い季節になりました。先日のブログでもお話ししましたが、今年の夏は暑いうえに雨が降らず、レモンにとってはとても厳しい夏となりました。豊島の8月の降水量はなんと2mm!園地によっては枯れる寸前まで弱ってしまった樹もあります。9月の下旬になってやっとまとまった雨が降りましたが、それまでの少雨の影響でグリーンレモンの成長が遅れています。

WEBショップでのグリーンレモンの販売受付開始時期は例年通りですが、豊作だった昨年と比べて、今年はレモンの収穫量が少なくなる見込みです。成長にもばらつきがあるため、お届けまで少々お時間を頂きますこと、何卒ご了承くださいませ。

間もなく旬を迎えるグリーンレモンですが、全国的にはまだあまり知られておらず、食べ方がわからないという声をよく聞きます。そんなグリーンレモンをテレビ番組で取り上げて頂けることになり、先日NHKの方々がレモン畑の取材に来てくださいました。

今回の放送では、豊島の食材を活かした素敵なお料理を提供されているARUEIさんが、旬のグリーンレモンを使ったお洒落なスイーツをレシピと共に紹介して下さいます。 10月13日(火)の放送後には番組で紹介されたレシピが、17日(土)の放送後には動画が期間限定で掲載されますので、四国以外にお住まいの方々も是非ご覧ください。

10月13日(火)午後6時10分~7時「ゆう6かがわ」https://www.nhk.or.jp/takamatsu/cooking/osusume/202010.html

10月17日(土)午前7時30分~8時「ギュッと!四国」https://www.nhk.or.jp/matsuyama/gyutto/omeza/

2019年12月25日

豊島レモンのジュース

黄色いレモンの旬が始まりました。寒い冬にこそ、フレッシュなレモンを食べて頂きたいと常々思っていたところ、こだわりの食材を原料にフレッシュジュースを作っていらっしゃるマルゴデリさんで、豊島レモンのジュースを提供して頂けることになりました。

豊島レモンのジュース

こちらでは生搾りのレモン果汁を使用するので、新鮮な皮の香りも一緒にお楽しみ頂けます。豊島レモンは農薬を一切使用せずに栽培されているので、皮に病害や傷が多く残るものがたくさんありますが、皆さんご存知のように、果汁には全く問題はなく、傷だらけの皮にも爽やかな香り成分がたっぷりと詰まっています。そういったレモンをフレッシュジュースとして皆さんにお届けできることをとても嬉しく、大変ありがたく思っています。

マルゴデリさんでは、岡山県を中心に、広島県、高知県の店舗でも豊島レモンをお取り扱い頂いていますので、お近くの方は是非お立ち寄り頂ければと思います。暖かい日が多い今年の冬ですが、年末年始は冷え込みが強まるそうなので、皆さん風邪を引かないようにお気をつけください!

2018年02月11日

Lemon Drizzle Cake

1月下旬から2月上旬にかけて凍えるような寒さが続き、多くのレモンが凍傷被害にあってしまいました。凍傷にもいろいろあり、果皮が凍って枯れていくものや、見た目は大丈夫そうでも、中の果汁が凍ってしまい徐々に枯れていくものもあります。あまりに長く低温が続き、現時点では出荷可能なレモンの判別がつき難いので、もうしばらく様子を見たいと思います。お待ち頂いている皆さんにはご不便をおかけしますが、どうぞ気長にお待ち頂ければと思います。

そんな中、いつも豊島レモンをお店で使って下さっている群馬県のパン屋さんが、凍傷で果汁が苦くなってしまったレモンで Lemon Drizzle Cake というお菓子を焼いてくださいました。

ケーキの生地にすりおろした皮を使い、果汁は焼き上がり後に生地に塗るシロップとアイシングに使用されたそうです。果汁の苦みは全く感じられず、とっても爽やかで甘酸っぱいケーキに生まれ変わりました。さすが職人さんです。「豊作も不作もみんなでシェアできるような世の中になると良いですね」という優しいお言葉と、美味しいレモンのお菓子にたくさん元気をもらいました。ありがとうございました。

豊島レモンをたっぷりと使用したこちらのケーキは、ホワイトデーに合わせて販売を予定されているそうです。その他にも、お店には原材料にこだわった素敵なパンがたくさん並びます。お近くにお越しの際には是非お立ち寄りください!

THE BAKERY(ザ・ベーカリー)
群馬県桐生市相生町3丁目591−2

2017年11月04日

グリーンレモンケーキ

高松市の Kinco.hostel+cafe さんの豊島レモンを使ったグリーンレモンケーキを頂きました。しっとりとしたスポンジに、爽やかなレモンアイシングがとっても美味しかったです。豊島レモンで素敵なお菓子を作ってくださり、どうもありがとうございました。