blogレモン便り

2021年07月08日

業務用レモン(追いレモンにどうぞ)

今年は寒波の後、レモンの出荷ができない期間が長く、寒波の被害を免れたレモン達はその間にぐんぐんと成長していました。先月お送りしたレモンの中には、手のひらサイズの巨大なレモンも混じっていたかと思います。皮が非常に厚いレモンや、でこぼこレモン、小ぶりだけど実がパンパンに詰まったレモン等々、皆さまにもいろんなレモンをお楽しみ頂けたのではないかと思います。

今期の豊島レモン通常品とアウトレット品の出荷が終わった後も、畑にはぽつりぽつりとレモンが残っています。これらは、皮の全体に病害があったりトゲによる傷が大きくてアウトレット品として出荷するのが難しいレモンや、梯子や高枝切バサミを使っても収穫しづらい場所になっているレモン達です。

これらのレモンは、業務用レモンとして業者さまに出荷しますが、今年はウェブショップでのレモン販売があまりできなかったので、いつもウェブショップをご利用くださる方々に向けて販売することにしました。見かけはあまりよくない皮の中にも、香り成分の精油がたっぷりと詰まっているので、是非皮ごと搾って香り高い豊島レモン果汁をお楽しみください。

業務用レモンの販売終了後は、10月末頃までレモン青果の出荷はお休みとなります。寒波の影響から来期の収穫量は大幅に減る予想ですが、その間レモン果汁をご入用の方は、豊島レモン果汁(冷凍・業務用)をどうぞ。今迄は10リットル単位での販売でしたが、今後は1000mlからご注文頂けますので是非ご利用頂ければと思います。

さて、この春から豊島島内のみで販売しておりました豊島レモンアイスクリーム。 発送用の箱と保冷剤の準備が整ったので、ウェブショップでもご注文受付けを開始しました。1箱6個入りになります。 レアチーズケーキのようなクリーミーさとレモンの爽やかな風味、甘さ控えめでさっぱりとした後味が、お子様から年配の方まで多くの方々にご好評頂いております。島内では「むつごくなくてええわー」(味がしつこくなくていいね)という感想をよくいただきます(笑) 。

そのまま食べてもレモンの風味を十分お楽しみいただけますが、櫛切りレモンを皮を下にして少しづつ果汁を搾って食べて頂くと、レモンのフレッシュな香りが立ちあがり、更にレモン感あふれるアイスクリームになります。レモン風味増し増しの「追いレモン」、是非お試しください。

最後に、tilのアイドル、ピーノ君。ぐんぐん大きくなって、現在約20キロ。日中は蒸し暑くてバテ気味です。梅雨が明けると更に暑くなるけど、グリーンレモンが大きくなる頃にはずっと過ごしやすくなるから、レモンと一緒に頑張って夏を乗り切ろうね。

2021年05月20日

豊島レモンアイスクリーム

豊島レモンアイスクリームができました。丹波産の低温殺菌牛乳に、豊島レモン果汁とみくに園さんのマーマレードを混ぜ込み、爽やかでクリーミーなアイスクリームに仕上げました。 レモンのアイスと言えばシャーベットが定番で、ミルク系のレモンアイスはあまり一般的ではありませんが、試食された方々からはレモンの爽やかな風味が好評で、「レアチーズケーキみたい」といった声もありました。

原材料の1つ、みくに園さんのマーマレードは、豊島レモンとお砂糖だけを原料に、レモン果皮のゆでこぼし処理をせず作られています。アイスクリームに加えることで、皮の香りと程よい苦みが味に深みを与え、レモン感あふれる仕上がりとなっています。

今回のアイスクリームは、兵庫県の丹波篠山食品さんに製造を依頼しました。乳化剤・安定剤など食品添加物を一切使わずにアイスクリームを作りたい、という私たちの想いを理解して下さり、何度も試作を重ねて、完成までお付き合いくださりました。また、主原料となるミルクは丹波産の低温殺菌牛乳を使用するなど、レモン以外の素材にもこだわり、後口軽やかなすっきりとしたアイスクリームとなっています。丹波篠山食品さんでは、地元特産品の黒大豆を使ったアイスクリームなど、厳選素材のオリジナル商品も開発していらっしゃいますので、是非HPを覗いてみてください。

これからの暑い季節にぴったりのアイスクリームは、現在豊島島内の豊島マルシェ(家浦港)、おかだやさん(豊島横尾館前)のみでのお取り扱いとなります。準備でき次第、豊島レモンWEBショップでも販売を開始予定ですので、是非お楽しみにして頂ければと思います。

2020年08月27日

豊島レモン石鹸できました

発案から約2年、豊島レモンのエッセンスがつまった石鹸が完成しました。搾汁後の豊島レモンの果皮から抽出したエッセンシャルオイル、芳香蒸留水、果皮パウダーを配合し、コールドプロセス製法で作られたこだわりの石鹸です。この製法では、 原料となる植物油にほとんど熱を加えずゆっくりと鹸化させるため、レモン果皮に含まれる有効成分と天然の保湿成分グリセリンを豊富に含む石鹸に仕上がります。

今回、豊島レモン石鹸の製造をお願いしたのは、香川県で藍染石鹸を作っていらっしゃる藍色工房さんです。こちらの石鹸工房では、農薬を使用せずに栽培された藍を原料に、厳選された自然素材だけを使用して、人にも環境にもやさしい石鹸を作っていらっしゃいます。豊島レモン石鹸に使用したパーム油、ヤシ油も、東南アジアを中心としたプランテーションで子供などの不当な労働力の搾取によって生産されていない植物油です。 経験豊富な職人さんの手でひとつひとつ丁寧に作られる石鹸は、完成まで約二ヶ月かかりました。

豊島レモン石鹸は発泡剤や合成香料を使用していないので、泡立ちは控えめ、 ほのかに香る微香性の石鹸となっています。お肌に優しくさっぱり気持ちの良い洗い上がりで、強い香りが苦手な方、無香料の石鹸を好まれる方にも安心してお使い頂けます。 私は顔、身体、洗髪と全身に使用していますが、洗浄力は比較的高めなので、敏感肌の方は手洗いなどから少しづつお試しいただければと思います。豊島レモン石鹸の爽やかな使い心地を是非お楽しみください!

2020年03月04日

豊島レモン精油できました

今年も豊島レモンのエッセンシャルオイルが出来上がりました。昨年と比較して、今回は甘さよりも爽やかさが際立つフレッシュな香りとなっています。昨年はレモンの果皮を一度冷凍保存して、解凍後に精油を抽出しましたが、今回は搾汁後の新鮮な果皮から速やかに精油を抽出したので、さらにすっきりとした香りに仕上がりました。

豊島レモン精油の成分分析結果を見てみると、主成分であるリモネンが多く含まれているのはもちろんのこと、森林浴の香りと形容されるαピネン、βピネンや、ティーツリーオイルにも多く含まれるγテルピネンなど様々な成分によって構成されていることに驚かされます。その他にもローズ、フローラル、ミントなどと形容される香気成分が混ざり合ってできあがる奥深い香りを是非お楽しみ頂ければと思います。

豊島レモン精油 ガスクロマトグラフィー成分分析表

今年は暖冬の影響で春の訪れが早まりそうですが、しばらくはご自宅で過ごされる方も多いことと思います。お天気の良い日には是非窓を開けて、豊島レモンの爽やかな香りと一緒に気分をリフレッシュして頂けると幸いです。

2020年02月06日

完熟レモンと斑点と搾汁

2月になり、畑のレモンはすっかり黄色くなりました。豊島レモンは全て露地で栽培されており、収穫までずっと樹上で過ごすため、この時期になるとレモンの皮にはトゲによる擦り傷や病害、寒さによる斑点がたくさん見られます。

こちらは寒くなるとでてくる陥没のような斑点(画像上)。半分に切ってみると、凹んだ部分の皮が少し茶色くなっていますが、果肉部分には問題ありません(画像下)。時間が経つと凹みがより目立つようになりますが、腐っているわけではないのでどうぞご心配なく。寒さを経たレモンの果汁は濃厚で甘みが感じられ、皮も苦みが少なく食べやすくなっています。凹んだ部分を切り取って、是非皮ごとお召し上がりください。

話は変わりますが、先日たくさんの完熟レモンを収穫して、レモン果汁の搾汁に行ってきました。総量なんと2トン!収穫のお手伝いをして下さった方々、本当にありがとうございました。お天気も良く、収穫作業の休憩時間はピクニックのようでとても楽しかったです。

豊島レモンのレモン果汁は、収穫から搾汁までの期間が短く、新鮮なレモンを皮ごと搾汁するので、果皮の精油がしっかりと含まれた香り高いレモン果汁となっています。搾汁後は加熱殺菌をせず、搾りたての風味を生かすためすぐに冷凍保存します。現在、豊島レモン果汁は業務用のみの取り扱いで、受注生産となりますが、ご興味のある方は是非お問合せ下さい。

今回搾汁したレモン果汁はお菓子の原料として納品したので、美味しいお菓子になって日本中に旅立っていくことでしょう。因みに、今年も残ったレモン果皮からレモン精油を抽出したので、2月下旬に販売開始予定です。皆さま是非お楽しみに!

2019年08月30日

豊島レモンの香り

豊島レモンといえば、果皮の美味しさと、とびきり爽やかな香りが特徴としてあげられます。私達が日々清々しい気分で農作業に取り組むことができるのはレモンの香りのおかげ。落ち込んだ時も、いつもレモンの香りに癒されてきたので、いつかこの香りを精油にしてみたいと思っていました。そして今回、試験的に果汁を搾った後の果皮を利用して豊島レモンの精油を抽出してもらいました!

精油とは植物から抽出される、それぞれ特有の芳香をもった揮発性の天然油のことで、異なる性質や機能をもっています。例えば、レモンの精油はそのフレッシュな香りによるリラックス効果、集中力を高める効果があると言われており、アロマテラピーの本ではその他にもたくさんの効果・効能が紹介されています。

一般的に精油の抽出は水蒸気で蒸留する方法や、圧搾して絞り出す方法がありますが、今回はマイクロ波減圧蒸留法(※1)を用いることで、比較的低温でレモン果皮から香りを取り出すことができました。 レモン精油には光毒性(※2)をもつ成分が含まれていると言われますが、今回抽出した精油の成分分析をしたところ、強い光毒性をもつベルガプテンという成分は含まれていないこともわかりました。そして、気になる豊島レモン精油の香りは、爽やかさの中にも甘みが感じられるとても優しい香りでした!目を閉じると、瀬戸内海を臨むレモン畑が浮かんできそうです。

実はこの精油、レモン果皮の重量の1~0.5%程しか抽出することができないとても貴重なものなのです。精油を抽出するためには多くのレモン果皮が必要になりますが、当然ながら、栄養がたっぷり詰まったレモンの皮は食品として消費されることが一番。そこで、皮に傷や病害が多くある業務用レモンの果汁を搾る時に出る残渣を利用しています。そして精油を抽出する時にでる残渣と芳香蒸留水も再利用できるよう商品開発を進めていますので、何ができるか皆さまどうぞお楽しみに!

今回抽出した豊島レモン精油は、豊島観光協会のみで販売しておりましたが、数量限定で豊島レモンWEBショップでも販売します。ご希望の方はお早めにご注文頂けますと幸いです。

※1 マイクロ波を用いて減圧下で対象物を加熱し精油抽出を行う方法 

※2 肌につけた状態で日光などの強い紫外線に当たると、肌へダメージを与える作用のこと

2017年11月26日

レモンの塩

豊島レモンを使った素敵な新商品ができました。てしま天日塩ファームさんが作る「レモンの塩」です。

てしま天日塩ファームさんでは、太陽と風の力だけでじっくりと時間をかけてお塩を作っています。そのお塩に豊島レモンの果汁をたっぷりと染み込ませ、さらに天日干しをして仕上げています。試行錯誤を重ねて出来上がったレモンのお塩は、濃縮されたレモンの酸味と甘みが天日塩の旨みと混ざり合った、何にでもかけたくなる美味しさです。

生産者の門脇さんご夫妻が、良いものを作ろうと日々試行錯誤されている姿を近くで見ていたので、「レモンの塩」が完成し、豊島レモンWEBショップでも取り扱いをさせて頂けることをとても嬉しく思っています。

いつも眺めている瀬戸内海からできたお塩と一緒になったレモンは、いったいどんな気持ちでしょうね。豊島産天日塩と豊島レモンのハーモニーを、是非ご賞味ください。

※「レモンの塩」は出来上がる迄に時間がかかる為、在庫が限られています。豊島レモンWEBショップでは少数のお取り扱いになりますので、お早めにご注文ください(品切れになった場合は次の入荷までしばらくお待ち頂きます)。

2017年10月09日

photo shoot!



只今tilオリジナルの加工品を準備中。先日は島内の素敵なスタジオで写真撮影を行いました。新商品は豊島の恵みがたっぷり詰まった調味料&薬味です。販売開始までもう少々お待ちください!