blogレモン便り

2018年02月10日

「豊島レモンと塩こうじの教室」報告

寒波の到来で開催が危ぶまれた「豊島レモンと塩こうじの教室」ですが、寒さをしのいだ一部のレモン畑で無事開催することができました。普段レモン畑を訪れる機会のない方々にとっては、樹になっているレモンがとても新鮮だったようで、皆さん楽しそうに気に入ったレモンを手に取り収穫されていました。生産者としては、レモンに興味を持っていらっしゃる方々と直接お話ができる素晴らしい機会となり、私たちのレモン栽培に対する思いをお伝えできて大変充実した時間となりました。

レモン畑の次は、採りたてのレモンを使ったお料理教室。講師の宮島草子さんに塩レモン・塩こうじ・みりんレモンを美味しく仕込むコツを伝授して頂き、ご自身の体験談を交えて食と身体の繋がりや発酵食が体にもたらす変化など興味深いお話もたくさん聞かせて頂きました。豊島天日塩ファームの門脇さんも立ち寄ってくださり、原材料の生産者から直接お話が聞ける、楽しいお料理教室となりました。

そして、お待ちかねのお食事タイム!ゲストハウスmammaさんが用意して下さった素敵なお料理はこちら。塩麹漬け蒸し鶏、塩レモンのケークサレ、豊島産タコマリネ、レモンピクルス、野菜の塩麹スープ、豊島の棚田米にレモンの海苔佃煮を添えて。宮島さんが大豆栽培から始めて作り上げたお味噌と、tilのレモン胡椒も薬味として登場しました。デザートのレモンぜんざいには、草子農園の自然栽培大豆の粗挽きな粉とレモンの皮をおすりおろしてトッピング。さらにレモンをきゅっと絞ると、香ばしい香りと爽やかな香りが混ざり合い、美味しい~!!という声があがりました。

盛りだくさんの内容で開催されたレモン教室。ご自身で仕込んだ発酵食と一緒に、日々の食事にレモンを取り入れるヒントもお持ち帰り頂けたのではと思います。

やはり食というものは、生産する人、料理する人、食べる人、みんなが繋がることで安心が生まれ、お互い支えあうことで成り立っていくものだと再認識しました。今回ご参加下さった皆さん、ご協力下さった皆さん、本当にありがとうございました!

2018年01月16日

「豊島レモンと塩こうじの教室」その➁

昨日は、会場となるゲストハウスmammaさんで、レモン教室でお出しする食事の打ち合わせをしました。

お料理を担当して下さるmammaスタッフの方がいろいろと試行錯誤して下さり、とても素敵なメニューになりました。詳しい内容は当日のお楽しみですが、豊島レモンがたっぷり使われるのはもちろんのこと、てしま天日塩ファームさんのお塩で仕込んだ塩糀、豊島で生まれた自然卵ヨベルさんの卵、豊島産一番海苔やタコなどなど、豊島の旬の食材を使ったシンプルで身体に優しいお料理です(グルテンフリー!)。

1月27日(土)に開催予定のレモン教室は、まだ空きがありますので、是非この機会に美味しい冬の豊島にお越しください。

2017年12月26日

「豊島レモンと塩こうじの教室」その①

黄色く色づいた豊島レモンを使って、塩レモン&みりんレモン、そして塩こうじを仕込みました。お塩はもちろん、てしま天日塩ファームさんの粗塩。こだわりの麹とみりんは、まるみ麹さんの生麹と三州三河みりん。1月に開催予定の教室で仕込むレシピの原料と分量そのままに作っています。レモンの黄色、麹の白、みりんの飴色と、素敵なトリコロールになりました!約一か月後の完成がとても楽しみです。

料理教室の講師を務めてくださる宮島草子さんのウェブサイト(FBページ)を掲載したので、是非ご覧ください。自家製大豆を使った味噌作りに加え、今ではお醤油まで手作りしていらっしゃるそうです。地元の津久井在来大豆の栽培を通して地域活性化に取り組み、関東方面では様々なイベントを開催していらっしゃいますが、西日本でのお料理教室開催は初めて。発酵食の魅力や、アレルギー発症から学んだ「食の大切さ」など、興味深いお話を聞かせて頂きます。

草子農園 https://www.facebook.com/comecafe.jp